月華乱れ牡丹

Details
  • Category: 花魁
  • llustration: mayurimu
  • Movie: あひる
  • Date: 2 Jan 2016
  • Url: niconico
  • Url: DAM
Lyrics

蝉時雨。水無月の宵はあつくて華の香に誘われ こっちきなんし、、、煙管ふかしてぷかぷかり 嗚呼、虚ろな瞳 色恋映し いろはにほへといつかちりぬるを 腐った檻の中舞い踊る牡丹はわたし 凛と咲き誇る「さぁさ、遊んでおくれなんし。」首筋を愛撫し 甘い言の葉囁いた「約束だ。『地獄』から出そう。」帯を解いてくるくるり 嗚呼、蜜はあふれて 吐息を奏で 揚羽はあなた どこへでも飛べて 血の香を纏うは夏の陣 一二三夜数え独りあなた待つ 頬を薄紅色に染めてあなたは帰ラズわたしはただ待ちぼうけ 夏が終わる もう秋が来る あさきゆめみし そしてよいもせず 迷うことなく裸足で駆ける 華なし揚羽 手足は?がれて 空をただただ仰ぎ 百夜過ぎ刃は研がれて 涙の代わりに血を流した 色なし牡丹 打ち上げ花火 後に何も残さず 強く、儚く、粋に散って